今回は寄付による摂理実践に関する内容をお伝えいたします。

『寄付先が良い場所であるほどに、物的報酬よりも精神進化が優先される』

ということについてです。

「寄付によって収入が増える」

といった言葉を聴いた事がある人は多いと思います。

これには一理あり、他者のためにお金を無償で与えられる人物に対しては、
”他者のためにお金を与えるだけの余裕がある立場”が摂理により与えられることは多いでしょう。

また、それに伴い、
様々な願望が叶う方向にいきやすくなります。

ただ、これらは表面的な恩恵に留まります。

寄付先が本当に良い場所であるほどに、もっと本質的な報酬が得られるでしょう。

例えば、比較するのであれば下記のようになります。

・少し良い寄付先であると、摂理により、
寄付した以上に収入が増えるような出来事が
起こされやすくなる

・本当に良い寄付先であると、摂理により、
お金が幸福度に影響をもたらしにくくなるように精神進化がもたらされる

ということです。

人間的視点では収入が増えれば嬉しいと思うでしょうが、実際の所、
収入が幸福度に影響しないような強い精神の方が遥かに価値が高いです。

ですので、「本当に良い寄付先」に寄付を続けていく内に、また、最大限にやるほどに、
収入の高低に関心をもたなくなってくるでしょう。

また、お金に囚われた思考から脱却し、広い視野が得られるようになっていきます。

この場合では高収入といった形での効果は得られませんが、実質、摂理による経済的な保護も強まっています。

それが摂理による本質的報酬です。

世界に対して「少し良い寄付先」であれば、
自身の願望が叶いやすくなるのですが、その実、遠回りになってしまいがちです。

例えば、人間は精神的欠点をみすみす強めてしまうような願望を持ちがちです。

お金に対する依存の強い精神を持っていれば、高収入になることを望みます。

異性に依存しやすい女性であるなら、頼りになる男性を望むでしょう。

これでは、さらに依存が強まり、視野が狭まってしまうのです。

少し良い寄付先であると、
願望達成が促進されやすいため、精神進化の遠回りになってしまう傾向があります。

でも、不思議ではないでしょうか?

「精神進化の遠回りになるのであれば、なぜ、わざわざ願望を叶いやすくするのか?」

と、疑問に思えるポイントでしょう。

そこに関する答えをお伝えすると、
摂理は、人間各自の自由意思を何よりも大切に思っているからです。

そのため、善行によって徳を得た人間が願望を持っていればそれを叶える自由を与えることで、
その願望の良し悪しを体験させることで学びを促進します。

遠回りとはいっても、
実際に願望を叶えたことによって得た学びも、後々には素晴らしい価値を持つようになっています。

ただ、実際に願望を達成するまでに、世界に対してひずみをどうしても出してしまうために、
その分は、後の善行によって償うようになっています。

願望を達成することなく、その願望すらも必要ないほどに精神進化を遂げた人である方が、
高度な知性と絶対的幸福が得られるのは速いでしょう。

その結果、自身にしか出来ないような使命遂行により、世界全体にとっての善を達成していく道のりにいきます。

精神進化の恩恵はこの世でも受けられるでしょうが、
特に、この世を去り霊界に帰った時に得られる物的恩恵は想像を超えたものになるでしょう。
(霊界は自身の精神・人格が物的環境となって反映される場です)

ちなみに今回の内容のような摂理を理解した上で寄付の実践をしているほどに、物的報酬よりも本質的報酬の比率が大きくなっていきます。

摂理を理解しないまま寄付の実践をしている人は、物的報酬が無いと続けられないであろうと判断されやすいからです。

摂理の知識がある人に対しては、相応な分だけ精神進化の方が促進されていきます。